豆知識

共有者が差押えられた場合の不動産持分はどうなる?

共有者が差押えられると様々な影響がある


自分自身は特に借金などをしていなくても、場合によっては共有者の兄弟やパートナー、親戚などが借金返済を滞納した場合には、共有者の債権者が共有者の不動産持分を差し押さえて競売にかけることができます。
とはいえ不動産が差押えられたとしても、自分自身の不動産持分が差押えられる事は特にありません。
不動産全体が売却される事は無いため、自分自身の不動産持分が失われる心配はないでしょう。
とは言え全く影響がないのかと言うと、そのようなわけにはいきません。
どのような影響が及ぶのかと言うと、競売によって共有者の不動産持分が落札された場合には、自分自身は全く知らない落札者と、共有しなければならなくなってしまうのです。
もしも落札した人が専門業者等であれば、自分自身に対して不動産持分の買取を求める、反対に低額な金額で売却するように求めてくる可能性も大きく考えられるのです。すると大きな不利益を受ける可能性が高まります。

共有者が差し押さえられた場合の不動産も自分の対処法


共有者が差押えられた場合には、その不動産持分をこれからどのようにしていくのかの対処が求められることになるでしょう。
その対処法は、不動産を維持し続けたいのか、それとも売却しても良いのかによって、大きく対処法が異なります。
もしも移住したい、住み続けたいと考えているのであれば、差し押さえの前に他の不動産持分権利者から買いとる方法が1つです。
共有物件が自宅であれば、通常は失いたくないことでしょう。
差し押さえられる前に、自分が相手から買い取る方法がその一つです。
差押さえがなされる前であれば、取引は自由にできるため、直接共有者から買い取ることも可能です。
場合によっては自分が落札する方法も1つの手段と言えるのです。
反対に不動産を売っても良いと考えるのであれば、差し押さえ前に不動産全体を共同売却することが1つです。
協力して市場で売ることで、競売にかかるよりも高く売ることにつながります。

まとめ

共有者が自分の不動産持分を差し押さえられたとしても、自分自身の不動産持分に関しては特に差押えられるなどの事はありません。
しかし全く影響がないわけではなく、競売にかけられて落札された場合には、全く見ず知らずの他人と共有することになってしまうのです。
差し押さえられる前に自分が買い取ったり、共有者と協力した上で不動産の売却を考えていく必要があります。
競売にかけられた場合にはかなりの安値で売却することにもなりますが、先手を打って売却することで高く売ることが期待できます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。